お役立ち情報

ハワイ アクティビティ【やるならジェットレブ?フライボード?】

ジェットレブで水上を飛行する男性

 

こんな悩みを持っている人向けの記事

・ハワイでアクティビティをしたいけど何をしようか迷っている
・ジェットレブとフライボードはどう違うのか?
・それぞれの価格について
・できる場所について

ハワイで人気のアクティビティの「ジェットレブ」と「フライボード」は
どちらも水を噴射する力で空を飛ぶことができるマリンアクティビティです。

結論から伝えると私は新婚旅行でハワイに行った際には「ジェットレブ 15分体験のコース」に申し込みました。
難易度を考慮して「ジェットレブ」を選び、時間も15分で十分満足できてやってよかった!と思えたので初心者の方にはオススメです。

ジェットレブとは

両脇にノズルがついた機械を背中に背負います。
水上バイクのジェット噴射の力を利用そてノズルからでる水圧で空中を飛ぶことができます。
コツを掴むのが難しいですが、恐怖心をなくしリラックスできれば初心者でも比較的すぐに飛ぶことができます。

引用:https://www.veltra.com/jp/hawaii/oahu/a/103600


【Youtube インストラクターさんの動画】

https://www.youtube.com/watch?v=NjrencOQ2z0

【 現実 ユニちゃんがやると… (GoProで撮影した動画) 】

https://youtu.be/iPI0atRKxE4

ジェットレブを上手に飛ぶために教えてもらったこと 
・恐怖心を捨てて、できる限り力を抜いてリラックスする これができた人が勝ち

・水面から飛ぶときは足を自転車のように漕がないと上にあがらない(これとても疲れる)

・体重を後ろにかけない 後ろに体重をかけてしまうとバク転してしまう(バク転しないでねとインストラクターさんに指導してもらうが、綺麗にフラグを回収しバク転し水面に叩きつけられるユニちゃん)

ジェットレブをやってみて意外だったこと
・ノズルの噴射は自分で調整するのではなく、インストラクターさんがやってくれるので自分は飛ぶことに集中すればOK
・飛んでいるときはヘルメットから音声が聞こえて、日本語で指示を出してくれるので今、自分が何をすればいいかわかる
・ゴーグルが必要!持っていかないとゴーグルをレンタルするだけで2人で1000円ほど費用がかかってしまうので注意! 100円ショップでゴーグルを買っていったのに悲しかったです。

フライボードとは


水上バイクのジェット噴射の力を利用して足に固定したボードからでる水圧で水上を飛び回るウォーターアクティビティです。
こちらのほうが両足が固定されている分 バランスも取りづらく難易度の高い印象です。

引用:https://www.veltra.com/jp/hawaii/oahu/a/107924

【 Youtube動画 インストラクターさんと初心者 】

フライボードがニュースで特集されていました。女子アナがフライボードに初挑戦しています。

https://www.youtube.com/watch?v=oNv5mqhUgek

ジェットレブとフライボード 費用

▪️ジェットレブの費用
15分 211ドル 約23,000円(参考価格)

▪️フライボードの費用
15分 208ドル 約22,000円(参考価格)
30分 417ドル 約45,000円 (参考価格)

ハワイ価格なので値段はお高めです。国内であれば半額程度の価格でもできるようです。美しい景色と海の中でウォーターアクティビティが体験できる点では少し高い価格でも価値があります。

ハワイでジェットレブもフライボードも体験できるショップ

旅行にはJTBやHISなどの旅行会社を通さずに個人手配でいきましたが、アクティビティはJTBのオプショナルツアーを利用しました。このサイトに申し込むとH20 Sports Hawaiというショップへ自動で手配をしてくれます。詳細メールもきちんと届くので安心。

当日は朝の8時前に出発。ホテルの前まで送迎バスが迎えにきてくれます。H20 Sports Hawaiでは「ジェットレブ」、「フライボード」の他に、「パラセーリング」や「ジェットスキー」、「バナナボート」、「スキューバダイビング」など様々なマリンスポーツを楽しむことができます。「ジェットスキー」は国内では、免許がないと運転できませんが、ハワイでは免許がなくても運転可能な点がハワイでしかできないアクティビティという点で魅力ですね。

またそのマリンスポーツの写真や映像は料金を支払えば購入することができます。しかし、ハワイ価格でお高いので自分たちでしっかり撮影することをオススメします。

ユニちゃんのスキューバ体験記はこちら

引用:https://www.veltra.com/jp/hawaii/oahu/a/117018 【パラセーリング】
引用:veltra.com/jp/hawaii/oahu/a/777【ジェットスキー】

 

まとめ

冒頭で伝えましたが、「ジェットレブ 15分体験」を終えての感想はやってよかったです。15分しかできないのに2万円も支払うなんてもったいないと申し込み当初は思っていましたが、意外と15分は長く感じました。「もう、早く終わってほしい」とすら若干感じました。意外と体力も使います。事前に動画をみてイメージトレーニングをしていくことをオススメします。

私と旦那さんは事前に動画を見て、イメトレバッチリだったのと素直にインストラクターさんの指導を実践したので、すぐに水面からは飛び立つことができました。(私は1度水面に叩きつけられましたが)バランスを崩して水面に落ちてしまった場合でも、ジェットスキーを運転しているお兄さんがノズルからの噴射を止めてくれるので大丈夫です。

簡単そうに見えますが、意外と難しいです。15分間 水中を漂って終了してしまうリスクもゼロではありません。再度、伝えますがインストラクターさんの指示を素直に聞いて、下記3点を注意することができれば楽しく飛ぶことができます。

ジェットレブを上手に飛ぶために教えてもらったこと 
①恐怖心を捨てて、できる限り力を抜いてリラックスする これができた人が勝ち
②水面から飛ぶときは足を自転車のように漕ぐ
③体重を後ろにかけない 

ぜひハワイに行った際はジェットレブに挑戦してみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました!

Copyright© ユニコーンブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.