お役立ち情報

2人暮らし 冷蔵庫 500リットル 【 おすすめ メーカー比較】

2人暮らし 冷蔵庫 500リットル
考える女性
冷蔵庫って色んなメーカーがあるからどれが自分に合っているかわからないな
ユニちゃん
わかる!足を使っていくつも家電量販店をまわって店員さんに話を聞いたよ!
各メーカーの特徴をわかりやすく紹介するね

結論

まずはサイズをチェック。各メーカーそれぞれ独自機能があるので自分の譲れない条件で選ぶのがベスト

  • パナソニック・・・「微凍結パーシャル」「ワンダフルオープン」
  • 日立・・・「真空チルド」
  • 東芝・・・野菜室が真ん中
  • シャープ・・・「メガフリーザー」、シリーズによっては扉が両方から開けられる
  • 三菱・・・「切れちゃう瞬冷凍」 、シリーズによっては野菜室が真ん中

 

パナソニック 冷蔵庫の特徴

我が家ではパナソニックの冷蔵を使用しています。「微凍結パーシャル」と「ワンダフルオープン」が特徴です。

パナソニック 冷蔵庫 NR-F505XPV【3ヵ月間使ってみた 商品レビュー】

【 微凍結パーシャル 】

✔︎ 肉や魚が凍り始めるギリギリの-3℃ですばやく凍結するので鮮度が長持ちします。 ※一般的な冷凍庫の温度は-18℃

✔︎ 傷みやすいひき肉も、生でも下ごしらえした状態でも約1週間保存できます。


【 ワンダフルオープン 】

✔︎奥までしっかり引き出すことができます。

✔︎底面が広く、食品もたっぷり入れられます。整理しやすい引き出しです。

ユニちゃん
買う前は、しっかり引き出せることにそんなにメリットある?と正直思った。
でも、使ってみると奥までしっかり見えるので、欲しいものがすぐに取り出せることで料理中のストレス削減

Amazonでパナソニック冷蔵庫500リットルをチェック

日立 冷蔵庫の特徴

日立の冷蔵庫の特徴といえば、「真空チルド」です。

✔︎ 冷蔵庫のチルド室をあけるときに「プシュー」と音がします。少年心がくすぐられますね。

✔︎ 写真のようにラップをしなくてもお刺身などを冷蔵庫で保存することができます。

こちらが実際に、ラップなしでどれだけ乾燥を抑えることができるか試した実験です。イマドキの技術ってすごいですね🤔

Amazonで日立の冷蔵庫500リットルをチェック

東芝 冷蔵庫の特徴

東芝の冷蔵庫の特徴といえば、「真ん中野菜室」にあることです。

ユニちゃん
野菜室は真ん中じゃなきゃイヤだ! という人は、東芝か三菱のMXシリーズのみ

▪️昔の冷蔵庫
冷蔵室➡︎野菜室➡︎冷凍室の順番のものが多かった

▪️今の冷蔵庫
冷蔵室➡︎冷凍室➡︎冷蔵室が主流のようです。

また東芝の冷蔵庫の製品名「ベジータ」は、野菜の鮮度を保つ機能も優れています。

その名の通り、ドラゴンボールのあのベジータと正式にコラボしています。


引用先:https://asuka-xp.com/toshiba-vegeta-gr-k41gxv-review.html

乾燥を防ぐ、エチレンガスを分解して、野菜の劣化を防ぐ機能が搭載しています。

トマトがを1週間保存した際に、写真左のトマトはヘタもしおれてしまいみるからに乾燥してしまっていますが、右のトマトはみずみずしさをキープしていますね。

 

引用先:「QVCジャパン公式Youtube」 https://www.youtube.com/watch?v=4mEoAifjPJ4

Amazonで東芝の冷蔵庫 500リットルをチェック

三菱 冷蔵庫の特徴

東芝の冷蔵庫の特徴は、「切れちゃう瞬冷凍」と「シリーズによっては野菜室が真ん中にある」です。価格は全メーカーの中でも高価です。ただ、その分細やかな便利機能が搭載しています。

【 切れちゃう瞬冷凍 】

約-7℃で凍らせることができます。※一般的な冷凍庫の温度は-18℃

冷凍なのにサクッと切れるので調理の手早さが違います。 冷凍した食材を解凍なしで、すぐに使えます。必要な分だけ切れるので、食材をムダにしません。

 

【 野菜室が真ん中にある】

MX、MBシリーズは野菜室が真ん中にあります。

MXシリーズには「真ん中クリーン朝どれ野菜室」の記載があります。
MR-MX50F
MR-MX46F

MR-WX52F には「クリーン朝どれ野菜室」の記載があり、野菜室は1番下です。

 

シャープ 冷蔵庫の特徴

シャープの冷蔵庫の特徴は、「メガフリーザー」と「シリーズによっては扉が両側から開けられる」です。

【 メガフリーザー 】

他のメーカーと比較をしても冷凍庫が大容量。

約500リットル冷蔵庫の冷凍庫の容量
  • パナソニック・・・94L(64L)
  • 日立・・・96L(67L)
  • 東芝・・・91L(63L)
  • 三菱・・・89L(60L)
  • シャープ・・・129L(86L)

シャープの冷蔵庫の特徴は、と「シリーズによっては扉が両側から開けられる」です。

冷蔵庫の扉
  • 右開き
  • 左開き
  • 観音開き
  • 両開き(シャープだけ)


Amazonでシャープの冷蔵庫500リットルをチェック

購入する際の注意点

✔︎ あくまでメーカーが一定の条件で実験した結果なので、この通りの成果が自宅で使った際にでる確証はないので信じすぎない

「切れちゃう瞬冷凍」や微凍結パーシャル」がぜんぜんサクッと切れない!という口コミもあります。

▪️普通に使えるよという口コミ


▪️切れちゃう冷凍として機能していませんの口コミ

一般的な冷凍庫の温度は 約-18℃

「切れちゃう瞬冷凍」約-7℃

「微凍結パーシャル」約-3℃  ←うちこれ使ってます

でも3日以上入れておくとカチカチになります笑  パーシャルの設定は弱にしてます・・・

冷蔵庫 買い替えで電気代も節約できる

昔の冷蔵庫と最新の冷蔵庫(容量500リットル)では電気代が新しい冷蔵庫のほうが節約できます。

✔︎ 10年前の冷蔵庫の消費電力が約530kWh/年間
✔︎ 最新の冷蔵庫の年間消費電力が約245kWh/年間

電気代で比較すると

✔︎10年前の冷蔵庫  電気代が14,000円程度/年間
✔︎最新の冷蔵庫 電気代が6,500円程度/年間

年間で比較すると古い冷蔵庫は新しい冷蔵庫の2倍ほど電気代がかかるみたいです。月々でていく費用が下がるのは嬉しい点でもありますね。

冷蔵庫 おすすめメーカーまとめ

  • パナソニック・・・「微凍結パーシャル」「ワンダフルオープン」
  • 日立・・・「真空チルド」
  • 東芝・・・野菜室が真ん中
  • シャープ・・・「メガフリーザー」、シリーズによっては扉が両方から開けられる
  • 三菱・・・「切れちゃう瞬冷凍」 、シリーズによっては野菜室が真ん中

特徴から選ぶ

✔︎ 両側から扉をあけたい方は、シャープ

✔︎バランス重視の方は、パナソニック・日立

✔︎冷凍庫の容量が大きいものがいい方は、シャープ

✔︎デザイン性が高いものがいい方は、パナソニック

✔︎野菜室が真ん中がいい方は、東芝 ・三菱

✔︎包丁で切れるレベルで冷凍できる機能が欲しい方は、三菱 ・パナソニック

選ぶポイントは①サイズ、②容量、③独自の機能です。あなたのおうちにピッタリの冷蔵庫を購入してくださいっ!

最後まで読んでいただきありがとうございました( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

Copyright© ユニコーンブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.